てげてげ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS APEKS XTX200

<<   作成日時 : 2010/09/23 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

OWDコースを受けて、スキューバダイビングを本格的にやろうと機材を一式購入しました。

勉強のためにも購入した機材のことを調べようと思います。

まず、レギュレーターですが、APEKSというメーカーのXTX200です。

画像


ダイビング器材の中でも最も大切な機材がレギュレーターです。

レギュレーターとは、タンクの中の高圧の空気を、

人が吸えるようにするためのものです。

スキューバ・タンクの高圧空気を周囲の水圧と同じ程度まで下げ、

息を吸ったときにだけ空気を送り出します。

空気の流れを調整することから、

調節器と意味するレギュレーターと呼ばれています。

タンクのバルブに取り付けるファーストステージと、

口にくわえるマウスピースがついてるセカンドステージがあり、

スキューバタンク内の高圧空気は、この2つのステージを通って

圧力が下がります。


楽に呼吸ができることがレギュレーターの最も重要な機能で、

APEKSのレギュレーターはEN250規格、CEマークを受け、

大深度潜水での呼吸抵抗など数々の勲章を手にした

世界最強レギュレーターです


ちなみにEN250規格、CEマークについてですが、

EN規格とは、消費者の健康、安全および環境保護を

目的とした技術的製品の「設計・製造」に関する

ヨーロッパ標準規格です。

CEマークは、EU地域で販売される指定製品に

貼付を義務づけられている安全マークのことです

EN250規格のCEマークは、水深50m、タンクの残圧50BARの状態で

1回の呼吸が3.0J以下の抵抗値でなければならないという

EUの安全規格に合格した証です。



APEKS XTX200 の商品説明

エイペックスレギュレーターラインの最高峰「ATX 200」がさらに進化し新たなフラッグシップモデルが誕生しました。それが「XTX 200」レギュレーターです。ソリッドなデザインのファーストステージ、デザインを一新したセカンドステージ、いかなる環境においてもパーフェクトな機能を発揮する「XTX 200」は現在における至高のレギュレーターなのです。

ファーストステージ
オーバーバランスダイヤフラムタイプは、水深が深くなればなるほど濃密になる(呼吸しづらくなる)エアーを補正するために、ファーストステージ内部の中圧が上がり、過酷な条件下でも自然な呼吸を実現できるのです。 (レジャーダイビングで水深40メートルを越える大深度潜水を行うには、特別なトレーニングが必要になります。)
ドライチャンバーシール機構はファーストステージ内部を常に清潔かつドライに保ち、グリスやシリコンオイルを充填する必要なく、寒冷地でもその機能が如何なく発揮されます。
左右2箇所の高圧ポートと4箇所の中圧ポートの位置に絶妙のアンギュレーションが施され、快適なホースポジションと、最高の使い勝手を実現します。

セカンドステージ
新機能リバーシブルヴェンチュリーシステム(RVS)を搭載。これによりセカンドステージの右出し、左出しの切り替えが可能になります。
2種類の排気ティーを選択交換可能なDCE(ダイバーチェンジャブルエキゾースト)システムを新採用。これにより排気泡をフェイスの両サイドに逃がすラージサイズ排気ティーと、よりコンパクトなスモールサイズ排気ティーとの交換取付が可能になります。
内部に中圧室(バランスチャンバー)を有するバランスドセカンドステージは、水深、状況を問わず、常に一定した吸気抵抗を実現します。
デマンド調節ノブ(スプリング圧可変機能)搭載により、水深、潮流、水面移動等様々な状況に応じてエアー流量調整が可能です。
新デザインのラチェットヴェンチュリーレバーが装備され、呼吸感の向上だけでなくセッティングが音で確認できます。
カンフォバイトマウスピース標準装備。




宮崎,みやざき,miyazaki,スキューバ,スクーバ,scuba,ダイビング,diving,ダイヴ,dive,パディ,PADI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
APEKS XTX200 てげてげ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる